3点ペットサロン

人気記事ランキング

ホーム > > 春の匂いと梅雨の辛抱は大好きな夏をまってるから

春の匂いと梅雨の辛抱は大好きな夏をまってるから

ついのすみかとは春が近づいて来るたびに毎年、夕方に山から吹き下ろす風に乗ってイイ匂いがします。何かが芽吹くような、そんな真っ新な気持ちにさせてくれて、とても気持ちが新鮮になります。少し、物悲しくなる時もありますが、春には別れもありますが新たな出会いもあると、毎年思っています。そして梅雨が近づいてくると、少し体が重くなったような気持ちが重くなったような、そんな風に思います。少し新しい生活に慣れてくるからでしょうか?それでも、梅雨を辛抱していれば、また晴れやかな夏が来ると思うと、ワクワクしながら、じっと梅雨の季節も楽しめるような気がして。何事も前向きになれるのは、夏をまっているからかもしれません。