3点ペットサロン

人気記事ランキング

ホーム > 太陽光発電 > 太陽光発電により得られた電力は質が悪いと言われるがどうして?どんな影響があるの?

太陽光発電により得られた電力は質が悪いと言われるがどうして?どんな影響があるの?

太陽光発電が普及し、インターネット上で囁かれているのが質の悪い電気ということです。そもそも、どうして太陽光発電により得られる電力の質が悪いのかと言うと、自然エネルギー独特の不安定さがあり、発電され電力にはノイズが生じています。このノイズは、一般家庭で使用される家電製品に誤作動を生じさせるだけでなく、製品自体の寿命を縮めてしまいます。電力会社が供給する電力は、可能な限りノイズを排除し、家電メーカーも供給電力に合わせた設計を行っています。そのため、供給電力にノイズがある場合、内部回路自体が誤作動を起こし、正常に動作しないといった問題を引き起こしてしまいます。このような問題は、北海道地域で供給されていた融雪電力により、家電製品が誤作動及び故障を引き起こすといった問題がありまました。太陽光発電も同様にノイズカットをせずに利用することで、家電製品の寿命を短くしてしまい、トータル的なコストをアップさせてしまう問題があります。そのため、家庭内で太陽光発電により得られた電力を使用する場合、高額家電製品や使用頻度の低い製品は避け、買い替え時のコストの低いものに利用する必要性があります。

日本エコでんきの口コミ・評判・体験談